珈琲イメージ

美味しい珈琲を飲むなら挽きたてドリップがおすすめ

飲むだけで気分がリラックスする飲み物と言えば珈琲。
アイス・ホットとして一年中楽しむ事ができるのも魅力の一つです。
我が家では豆だけを店で購入し、自宅で挽きます。
それは挽きたての香りを楽しみたいから。
どうしても挽いたすぐから香りは逃げてしまうので、より良い物を飲むため、豆のまま購入する事にこだわっています。
そして手挽きのミルで豆を自分好みの大きさに調整し、挽いていきます。
挽いた豆をフィルターにセットしドリップしていきます。
ドリップとは珈琲を入れるための特殊な形をした容器に、挽いた豆をセットし、下に開いた穴からゆっくりと抽出していく事です。
お湯を注ぐ時も注ぎ口の長い、専門の入れ物にお湯を移してゆっくりと入れていきます。
おいしい珈琲を入れるためには、フィルターに直接お湯をかけない、出がらしを入れない事が重要です。
そしてこの時、挽いた豆がお湯に触れた瞬間、もこもこと盛り上がってきたらそれは本当においしい証拠です。
新鮮な豆かどうかはこの時決まると言っても過言ではありません。
実は私自身最初から珈琲が得意な方ではありませんでした。
どちらかと言えば紅茶派だった私が飲めるようになったのは、ある店で出された珈琲が今まで飲んだ事がない味だったのです。
それまでは苦くて、濃いだけの飲み物になぜ人ははまるのだろうと思っていましたが、その飲み物は私の世界観を変えました。
コクがあり、まろやかで、味わい深く、飲んだ後も余韻に浸れる飲み物でした。
その人が入れてくれたおかげで感動した私は、以後色々な味を知ることができ、幅が広がりました。
珈琲には多種多様あります。
地域によって酸味、苦み、色、香りが違います。
生産する年の天候や環境によっても左右されるので、毎年味が微妙に変わるのも面白い点です。
今まで自分が飲んだのは、マンデリン、モカ、キリマンジャロ、ブルーマウンテン、ケニア、グアテマラ、エルサルバドル、ハワイコナ等があります。
中でも一番大好きなのはマンデリン。
酸味はほとんどなく、苦みとコクのバランスが絶妙な味わいです。
モカは酸味が強く、甘みもあります。
キリマンジャロは強いコクが特徴です。
ブルーマウンテンは最高品質とされていて、バランス、香り、口当たりの滑らかさ、どれをとってもナンバーワンです。
ケニアは爽やかな風味があります。
グアテマラはキレのいい後味が人気です。
エルサルバドルはあまり出回らない品種ですが、上品な味わいが特徴です。
ハワイコナはブルーマウンテンに次ぐ高価な飲み物で、非常に強い酸味とコクを持ちます。
このように産地の風景やその土地で生活している人たちに思いを巡らせると、たちまち会話も弾みます。
世界中で愛される飲み物は、いつの世も私達のすぐ傍にあったのですね。
機能についてですが、珈琲に含まれているカフェインは胃液の分泌を促進させます。
眠気や疲れを吹き飛ばす効果、運動能力の向上、自律神経を整える、利尿作用、思考や注意を促す効果などがあげられます。
適度であればサポートをしてくれる良い飲み物ですが、過剰接種は体に負担をかけてしまいます。
またお茶や紅茶、市販の飲料にもカフェインは含まれているので、とり過ぎに注意しうまく付き合うのが大切です。

Copyright(C) 2011 美味しいコーヒー.com All Rights Reserved.