珈琲イメージ

一年を通して美味しくいただける珈琲

珈琲は生活リズムの一部となっており、毎日のコーヒーは欠かすことができません。
コーヒーは、一年を通して美味しく飲むことができます。
平日の忙しい朝は、自分でセレクトしたお気に入りのコーヒー豆をコーヒーメーカーにセットします。
朝食を作っているうちに、コーヒーのとてもよい香りが部屋中に匂ってきます。
珈琲の匂いをかぐだけで、ぼんやりとしていた頭がしゃっきりと目覚めます。
朝食はいつもパン食なので、パンとコーヒーの相性は抜群です。
コーヒーには温めたミルクを加えてカフェオレにすることがあります。
ブラックコーヒーは珈琲の味と香りそのものを楽しむことができますが、カフェオレはお腹に優しく、ホッとする美味しさがあります。
朝食は一日のリズムを作るため、朝はしっかりと食べて仕事に向かいます。
夏を除いた季節は、いつもホットコーヒーを飲んでいます。
初夏になると日に日に厚さが増していくので、蒸し暑い日はコーヒーに氷を入れてアイスコーヒにします。
夏場は蒸し暑いので、アイスコーヒーが欠かせません。
アイスコーヒーは、夜寝る前に水出しコーヒーをセッティングしておきます。
夜寝ている間にゆっくりとコーヒーが水出しされるために、香りの良いフレッシュなアイスコーヒを朝食とともにいただくことができます。
夏場はブラックのアイスコーヒーか、気分によっては冷蔵庫で冷えた牛乳をたっぷりとコーヒーに注いでいただきます。
夏は冷たいコーヒーとともにさわやかな朝を迎えることが出来るのです。
コーヒー豆は季節によって変えています。
アイスコーヒーは専用の豆を使います。
秋になると肌寒くなるため、再びホットコーヒーの季節が到来します。
平日の朝は時間がないため、コーヒーメーカーで珈琲を手軽に淹れますが、休日の朝や午後のおやつの時間には、やかんで熱いお湯を沸かし、引き立てのコーヒー豆に熱々のお湯をゆっくりと時間をかけながら、丁寧にコーヒーを入れていきます。
やはり丁寧に入れたコーヒーは味と香りが異なります。
喫茶店で飲むような深い香りと味のするコーヒーをいただくことができます。
アフタヌーンティーのために買ってきたケーキと一緒に淹れたてのコーヒーをいただくのは、至福の時間です。
丁寧に自分で入れたコーヒーは、ケーキやクッキーといった洋菓子だけでなく、和菓子も良く合います。
甘いモノが苦手な方も、コーヒーと一緒であれば美味しくいただくことができるのでおすすめです。
和菓子の優しい甘さと、コーヒーの味が程よく調和します。
寒い冬の日は、暖かい部屋でのんびりしながら、丁寧に淹れたコーヒーと一緒にお茶菓子をいただきますコーヒーはお菓子作りにも大活躍です。
コーヒーゼリーやコーヒープリンは簡単にできるデザートの代表格です。
ちょと甘いものがほしい時、食後のデザートに簡単に靴ることができます。
このように、コーヒーは生活の一部となっており、一年を通して楽しむことができます。
コーヒーによって生活が豊かになり、人生を豊かなものにしてくれます。
ゆったりと時間がある時に淹れるコーヒーは、良質な時間を提供してくれます。
部屋いっぱいに満たされた珈琲の香は、それだけで気持ちをリラックスさせてくれます。

Copyright(C) 2011 美味しいコーヒー.com All Rights Reserved.