珈琲イメージ

珈琲を美味しく淹れられるようになりたい

珈琲が好きになったのは何時ごろだったのか詳しくは思い出せませんが、いつのまにかブラックで飲めるようになっていました。
自分が子供のころはインスタントコーヒーが出始めたころで、体に良くないと飲ませてもらえませんでした。
飲み始めたころも砂糖とミルクを入れたカフェオレが好きで、珈琲好きというわけではありませんでした。
時が経ち喫茶店などで飲むようになり、食後の飲み物にとだんだんと飲む機会が増えてきました。
珈琲を淹れているときの香りが好きで色々な場面で好んで注文するようになり、砂糖やミルクを入れなくても美味しいのではないかとブラックで飲むようになりました。
珈琲はどんな飲み方でも好きになりました。
ブラックで飲んでみて、砂糖を足したりミルクを足したりもできるので自分なりに楽しんで飲んできました。
だんだんとお気に入りの豆もできて、その時の気分や状況などに合わせてお店で飲むということもできるようになり外出時に喫茶店やカフェなどに入るのが楽しくなりました。
甘いものも好きなのでケーキやスイーツとセットで頼むことが多いのですが、気分でお店を選べるのはとても楽しいです。
自分はどちらかというと喫茶店派でカフェよりも落ち着きます。
ゆっくり過ごしたいときは喫茶店。
たくさん飲みたいときはカフェ。
という大まかな自分ルールがありますが、綺麗なコーヒーカップで飲める喫茶店が好きです。
最近は喫茶店よりカフェスタイルのお店が多いので紙コップで飲むこともありますが、やはり陶器のカップでゆっくりと寛ぎながら飲みたいものです。
食事をするときも珈琲の美味しいお店に足が向いてしまいます。
最近は家でも豆から選んで自分で淹れます。
最初はコーヒーメーカーでした。
何よりの簡単で楽だったから。
しかしあまり美味しくありませんでした。
家庭サイズのコーヒーメーカーを家電量販店で買って使っていたのですが、セットして出来上がりを待つ間、いい匂いがして出来上がりを楽しみに待っていました。
味はまあまあ美味しかったのですが、しばらく保温状態に置いておくと煮詰まってしまって美味しくなくなりました。
飲みたい量だけ淹れた方がいいのかと思って量を減らして作ったらなかなか豆の適量が解らず苦労をしました。
自分のイメージしていた喫茶店で飲む珈琲とは程遠く、どうしたら家で美味しい淹れられるか色んなことを試すようになりました。
色々とやってみましたが最近はあまりこだわらずその時に応じて楽をしたり、凝ったりと、いろんな形に楽しんでします。
ブラックにこだわらず、砂糖を入れてみたり、牛乳を入れたり、生クリームを入れたり、香辛料を足したりと、アレンジできるのも楽しいです。
本当に色んな飲み方があるし、豆の種類も豊富で味も違います。
何年も楽しんでいるうちに豆の種類にあう飲み方も解ってきたように思えます。
家でよく飲むようになりインターネットで安く豆を買うようになりましたが、コンビニやスーパーなど近くのお店でも選べるほどの豆が売っているようになり本当に身近な飲み物になってきました。
これからの甘い物のお供に、食後の口直しにと飲み続けていくと思います。
緑茶も紅茶も好きなのですが自分にとって珈琲は特別な飲み物のような気がします。
あの香りのせいでしょうか。

Copyright(C) 2011 美味しいコーヒー.com All Rights Reserved.