珈琲イメージ

私とコーヒーの付き合いと珈琲のマメ知識

珈琲との付き合いは、もう結構長い間つきあって飲んでおります。
そんな私と珈琲との思い出話をさせていただきます。
小学生の頃からコーヒーは、飲んでおりました。
そのコーヒーとは、コーヒー牛乳と言われる物です。
市販でよく見かけるあの商品です。
そのコーヒー牛乳は、子供の頃はよく飲んでおりました。
おやつの時などにお菓子と一緒に、又朝食時のパンと一緒になどで良く飲んでいたものです。
一番おいしく感じたのが、お風呂上がりのあの一杯です。
特にお風呂でも自宅のお風呂で飲むコーヒー牛乳も良いのですが、銭湯で飲んだコーヒー牛乳は格別に旨いです。
風呂上がりでポカポカした身体に、あの牛乳瓶に入っているコーヒー牛乳。
あれは、何とも言えない一杯でした。
親父に買って貰ったコーヒー牛乳のあの時の味は今も忘れられません。
そんなコーヒー牛乳も子どもの頃で終わりつつなっていき、中学生になった頃には、缶コーヒーになっておりました。
知っておりますか。
缶コーヒーには、2種類ある事を知っているでしょうか。
コーヒーの缶に記載している文面で、「コーヒー飲料」と「コーヒー」があるのです。
これは、コーヒーの割合の違いのようだと聞いた話なのですが、確かに、コーヒー飲料は、どちらかというとコーヒー牛乳に近い味をしており、直接にコーヒーの味と言う感じが薄いように思います。
ミルクと甘みが強い飲み物です。
ちょうど中学生の頃は、この「コーヒー飲料」を良く飲んでいたように思います。
量も「コーヒー」と比べて量が多めになっております。
中学生の頃は、これを好んで飲んでおりました。
「コーヒー」と記載しているのが、正味コーヒーです。
缶の小さい物が多く色々な種類があります。
高校生になった頃はこの「コーヒー」を飲み始めておりました。
高校生から現在の大人にまでは、缶コーヒーも小さい缶の「コーヒー」でした。
その中でもブラック(無糖)を飲んでおりました。
この頃位から珈琲の味をわかり始めた頃でしょうか。
自宅でもインスタントコーヒーなどを良く飲むようになりました。
大人になってからは、常に朝1本のコーヒーを飲む習慣がついております。
毎日朝は、コーヒーを飲んでいる私です。
缶コーヒーとパンの生活が何年も続いております。
たまに仕事柄の関係で、レストランなどへ入るとホットコーヒーたアイスコーヒーを頼んでしまいます。
完全にコーヒーは生活の一部になっております。
夏場に飲むアイスコーヒーですが、これは日本だけの物だとご存じでしょうか。
アメリカなど海外へ行くとアイスコーヒーと言われる物はありません。
コーヒーは、ホットコーヒーの事になります。
最近は、日本人も海外へ行く方が多くなってきたせいかアメリカなどは、アイスコーヒーを置いているお店をよく見かけます。
また有名カフェショップでもアイスコーヒーも含めて、コーヒーをアレンジした商品が多くあります。
それらがまた旨いです。
特に暑い夏の日にいただく冷たいコーヒーは最高です。
そんなアイスコーヒーも日本では呼び方が違う場合があります。
大阪では「冷コー」を読んだりもします。
冷たいコーヒー略語です。
そんな私と共に現在もつきあっているコーヒーですが、これからも高齢になっても飲んでいるのでしょうか。

Copyright(C) 2011 美味しいコーヒー.com All Rights Reserved.